Research
太田研では、画像処理とコンピュータビジョン(CV)を研究しています。画像処理とは、カメラから得られる画像をコンピュータに入力し、解析することによって画像に含まれている有用な情報を取りだす技術です。画像から取りだす情報が物体の形状のような物理的情報である場合には、 特にコンピュータビジョンと呼ばれます。それ以外に確率・統計論を応用した理論的な研究も行っています。
画像処理の例
original
原画像(入力画像)
binary
二値化画像
edge
エッジ画像
flow
オプティカルフロー(画素の動き)
画像からの3次元復元1
car1
入力画像1
car2
入力画像2
car_anim
復元結果
画像からの3次元復元2
sfm2-org
入力画像
sfm2-rec-u
Top view
sfm2-rec-f
Front view
sfm2-rec-r
Side view
歩行者の追跡
sur-1
frame 80
sur-2
frame 90
sur-3
frmae 100
追い越し車両の検出
car
[ 検出結果 ] 黒い楕円が車両が検出された部分
自動車の安全な運転のために、死角となりやすい後方から接近する車両を検出してドライバーに知らせる装置のための画像処理です。